地球環境の総合維持管理をになう

特殊技術・工法・機械

靭性モルタルライニング工法(農業用水路補修)

靭性モルタルとは?

靭性モルタルは、高靭性繊維補強セメント複合材(土木学会の「複数微細ひび割れ型繊維補強セメント複合材料設計・施工指針(案)」による)であり、中に多量の特殊繊維を混入しているため、曲げ引張応力下(写真)でも、微細なひび割れを生じることで、変形しても破損しません。
このため、以下のような特長があります。


微細なひび割れを多数生じて曲がります
靭性モルタルの特長
  • 優れたひび割れ抵抗性
  • 付着性に優れる
  • 耐磨耗性に優れる
  • 耐凍結融解性・耐久性に優れる

靭性モルタルライニング工法について

靭性モルタルライニング工法は、靭性モルタルを用いた農業用水路の表面被覆(ライニング)工法であり、優れた耐久性やコストパフォーマンス並びに環境性能を有する工法です。


靭性モルタルライニング工法模式図

靭性モルタルライニング工法の特長
  • 1層塗布施工なので、工期短縮・急速施工が可能
  • 湿潤状態においても施工可能
  • ウォータージェット前処理により、プライマーなしでも付着力良好
  • 厚さ6mmでの施工が可能
  • 防水性が高く、有機系材料のような水ぶくれの心配がない
  • 無機材料なので劣化の恐れがなく、環境にもやさしい
  • 従来ポリマーセメントに比べ耐久性に優れる
    (ひび割れ抵抗性・耐摩耗性・耐凍結融解性等すべて)

靭性モルタルライニング工法の施工状況を動画で見ることができます。
(平成20年12月白根郷土地改良区東用水路庄瀬支線)

レックスへのお問い合わせ