地球環境の総合維持管理をになう

特殊技術・工法・機械

コンクリート構造物を長持ちさせるクリスタルライニング工法

クリスタルライニング工法は、コンクリート躯体に強固なライニング塗膜を形成することで、下水道,道路構造物等あらゆるコンクリート構造物の止水,劣化防止, 補強に効果を発揮します。

特徴

  • ライニング材は、湿潤面および水中でも接着・硬化可能です。
  • 止水材の特殊水性エポキシ樹脂モルタルは、接着力に優れ、躯体とのなじみが良く、確実な止水が可能です。
  • ライニング塗膜は、耐衝撃性,耐摩耗性,耐薬品性に優れ、塩害,凍害,腐蝕,中性化などコンクリート劣化を抑制します。
  • 揮発性有機化合物(VOC)削減型のエポキシ樹脂やリサイクルガラス骨材を用いており、環境にやさしい製品です。
  • ガラスクロス補強材との組み合わせにより、大幅な強度向上が可能です。

用途

 下水道関連施設や道路構造物など土木コンクリート構造物全般に適用可能です。
 (止水,ライニング,FRP補強工法)

 1.下水道関連施設

  →目地からの浸入水の止水

  →マンホール,処理槽の防食ライニング

  →管路,マンホールのクラック,継手ずれの補強

 2.道路構造物

  →トンネル覆工の漏水対策

  →コンクリート片はく落防止対策

  →コンクリートの凍害,塩害及び中性化抑制

 

施工例

施工前
〔着手前〕マンホール目地からの浸入水
施工後
〔竣 工〕止水,補強完了
レックスへのお問い合わせ