地球環境の総合維持管理をになう

特殊技術・工法・機械

特殊車両による管路清掃と調査 本管TVカメラ調査

近年、下水道布設工事の出来形確認をする際、TVカメラを利用する自治体が増えています。施工後の出来形をVTRに収めておくことで、発注者へ安心して引渡しができ、また施工後のトラブル解消になります。 そこで、レックスでは施工後の管路清掃からTVカメラによる確認まで、特殊車両を用い効率的に作業を行います。

管内清掃

強力吸引車、高圧洗浄車

高圧水により管内の汚れを洗浄し、下流マンホールで吸引します。高圧洗浄車と強力吸引車のコンビネーションで下水道管渠内の清掃を効率的に行います。

TV調査

TVカメラ車

布設管渠の径に適したTVカメラを潜入させ、 遠隔操作により管渠内の状況を確認します。
調査映像には、必要項目を入れ、映像はビデオテープ又はDVDに収めます。

■TVカメラの適用範囲

管径:φ150㎜~φ2000㎜

延長: 最大200m

※小口径マンホール(φ300型)からでも挿入可能

報告書作成

TVカメラ車

各スパン毎に調査記録表をまとめ、映像や写真と共に調査報告書として提出します。

■調査データのデジタル化

従来の提出書類(ビデオテープ,調査報告書, 写真帳) をCDおよびDVDに収め提出いたします。

TVカメラ車

※要望により取付管内も調査可能

取付管の施工は本管に比べて重要視されない傾向にあり、水密性試験結果からも全漏水量の49%を占めています。

各施設の漏水量の割合
管路施設 人孔 本管 取付管 ます
漏水量比 2.6% 21.8% 49.0% 26.6%
レックスへのお問い合わせ